【Uber eatsで働く】メリット・デメリットまとめ

最近なにかと話題のUber Eats。街で四角い箱を背負って走ってるお兄さん方見ますよね(笑)

いまではなんの違和感もなくなりましたが、当時は見かけるたびに指をさしてウバーだ!と話題になったりしてました。

そんなUber eatsですが、仕事としても今非常に注目が集まっています。2000万円問題や大企業の副業の容認など理由は様々な理由でドライバー(配達者)として登録者が増えているそうです。今回は、登録してみようか悩んでいる人に、メリットデメリットをまとめてみました。

このページのまとめ

メリット
  • 時給換算するとかなり効率が良い
  • 自分の気分次第で働ける
  • 運動になる
  • 街の魅力を発見できる
  • 接客時間が少なく、バイト内での面倒な付き合いもない
デメリット
  • 注文を受けにくい時間帯だと収入が不安定
  • 基本的には個人作業
  • 体力勝負
  • 交通事故にあう可能性がある

このような感じだと思います。詳しく見て行きます。

メリット

時給換算するとかなり効率が良い

時間帯にもよりますが、時給換算すると約1300円になります(お昼前などのピーク時)。副業を始める際、時間給のアルバイト以外ですぐ報酬をえられるものはなかなかありませんから、かなり効率的だと思います。

こちらについては、記事にもしておりますので、ぜひご覧ください。

Uber eats 時給換算するといくら?

自分の気分次第で働ける

私はごく普通にアルバイトを2年間ほど行なっていたのですが、急に飲みの予定が・・・だとか、ライブの日程と被ってしまって・・・ということがありました。その度に交代を探したり、ずる休みしたりと、その分後日多くシフトを出したりと、正直面倒でした。学生なんだし遊び優先させろよ・・・といった感じです(笑)

そんなときもかなり柔軟に対応できます。なぜなら、ボタン一つで仕事を受けるか受けないか選択できるからです。ぼくはかなりの気分屋なので、1配達でやめてしまうこともあります。

運動になる

運動不足で悩んでいらっしゃる方は多いのではないでしょうか。ジムに通ったり、ランニングをしたりしている方も多いと思います。しかし、月額がかなり高かったり、継続するのが難しかったりするのが現実です。続けたり鍛えるのが好きな方はそれで良いのですが、私は無理でした笑

そんな運動嫌いな私ですが、お金をもらえるとなると話が別です。1回の配達で1kmは自転車を漕ぐことになるので、それだけでもいい運動になるし、その上お金を稼げるので一石二鳥です。

街の魅力発見

マクドナルドなどの大手ファストフードチェーンなどが多いですが、中には街の片隅の小さな個人経営のお店もUber eatsと提携していて、注文が入ることがあります。地元だけど知らなかったお店などを発見できます。

こことここの道繋がってたんだ。。。といった地理的な発見もあるので、かなり楽しいです。こんど注文してみようかなと選択の幅が広がったりしたので、メリットでした。

接客時間が少なく、バイト内での面倒な付き合いもない

楽しいコミュニティのはずが、今月お財布がピンチであったり、そもそも行きたくない飲み会に強制参加している状況に陥ってる方は少なからずいらっしゃると思います。また、バイト内で人間関係のトラブルに巻き込まれることも珍しくありません。

そういったことがコミュニティを作らない限りほぼ起こり得ないので、人間関係面倒だと感じる人にとってはかなりメリットが大きいと思います。

また、追加収入が欲しいけど、シフトの拘束やコミュニティは広げなくていいといった方にはぴったりです。

デメリット

注文を受けにくい時間帯だと収入が不安定

ピーク時にはかなり稼げますが、それを過ぎてしまうとピタッと通知が止まってしまうことはよくあります。

料理の運搬なので、やはり昼飯前と夕飯前はかなり稼ぎ時です。それ以外はあったりなかったりするので少し不安定です。市街地に近づいてみたり、場所を変えるなどして、案件を待つ必要がある場合があります。

4時間働いたから4000円獲得!ではなく、成果報酬なので、時間帯を考える必要がありそうです。

基本的には個人作業

先ほどのメリットとは裏腹に、基本的には個人作業です。そのため、自身の判断で行動する必要があります。(もちろんトラブルがあればサポートに連絡することで対応してもらうことができます)

みんなでワイワイしながら働きたい方や、友達が欲しい方には少し不向きかもしれません。(一応、Uberでパーティーなどが開かれるそうですが、招待客は一部のようです)

体力勝負

稼ぐ時で10km以上、少なくとも1km近く自転車を漕ぐので、かなり体力勝負です。難しい作業がない分、体力が必要なので、体力に自信がない方は慣れるまですこし時間がかかるかもしれません。(私は体力がないのですぐ疲れてしまいますが、それでも十分できているので、稼ぐ分には問題ありません)

体力がある方が効率的に稼げる可能性が高いことを理解しておいてください。

交通事故にあう可能性がある

個人で自転車に乗って”運搬”するので、交通事故に巻き込まれる可能性があります。車道を走行していると幅寄せしてくる車は日常茶飯事です。

説明会の際、安全運転第一でお願いしますと言われたのが印象的です。

一応Uberで保険には入っているそうなのですが、適用される条件もあるので、事故にあう可能性があることは心に留めておく必要がありそうです。

 

いかがだったでしょうか。これらメリットデメリットは個人差があるので、あくまで一意見としてご容赦願います。ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です